<武蔵小杉版>

武蔵小杉エリアのスクール・習い事・体験教室や、イベント情報・子供と一緒に行けるお出かけ情報などを無料で掲載中!

  1. ローカリングTOPページ
  2. 体験・お出かけレポート
  3. 新丸子 バレエスタジオ フォルテ 体験レポ

新丸子 バレエスタジオ フォルテ
地元出身の先生が、良心価格で教えてくれるバレエ教室
本格レッスンを体験してきました!


はじめまして!武蔵小杉在住のローカルレポーター、こみぃです。
これから、武蔵小杉エリアにある子供の習い事の体験レポートや、子連れファミリーにおすすめのスポットなどをご紹介していきますので、どうぞよろしくお願いいたします!

現在、我が家には1歳の男の子と4歳の女の子がいるのですが、祝!初レポートとなる今回は、ダンスとプリンセスが大好きな4歳の娘を連れて、バレエ教室に体験に行ってきました。母子ともにバレエは全くの初体験!で未知の世界でしたが、その模様をさっそくレポートさせていただきますね。

今回体験に行ってきたのは、東急東横線新丸子駅西口より徒歩3分の場所にある、
子供のためのバレエ教室「Ballet Studio forte (バレエスタジオフォルテ)」
事前に3歳〜年長さんが対象のプレクラスの無料体験の予約をしていたので、さっそく入ってみたいと思います!

体験したクラス:3歳~年長対象の≪プレクラス≫ 毎週火曜日 16:15~17:15
講師:佐久間 由佳先生、アシスタントの根橋美奈先生

お教室に入ると、中は壁面が鏡張りになっている、ピカピカのスタジオでした。
主催の佐久間先生によると、最近、近隣からこちらの新しいスタジオに引っ越して来られたそうです。

スタジオの端っこには、カーテンで間仕切りがあり、まずはそこでお着替えをします。
何に着替えるかというと。。。待ちに待ったアレ!まるでプリンセスのような可愛いレオタードです♡
体験の子は動きやすい格好であればOKとのことですが、プリンセスが大好きな娘は、バレエを習っていたお友達が貸してくれたこの衣装を着れるのを楽しみにしていました!(まずは格好から娘をノセていく作戦成功です^^)

バレエに通ってる子は、毎週こんなに可愛い格好になれるんだなあ、としみじみ。
プリンセスに憧れる女の子には、可愛い衣裳もバレエに通い続けるモチベーションになりそうです。

着替えが終わった子は、先生の近くへ集まっていき楽しくお話タイム。生徒さんたちはニコニコ♪
娘も自然と会話に入れていただき、馴染んでいる様子です。

<00分〜> まずは、バレエに必要なストレッチの練習

最初のレッスンは基礎演習。ストレッチをしたり、バレエに必要な腹筋を使うフロアーワークです。
ストレッチもただの数字の号令でやるのではなく、先生が「おにぎり行きま~す。頭と手をくっつけて~」と言っておにぎりになったり、「足先にアイロンをピッてかけて真っすぐ~」と言われたりしながら楽しく行います。

両足を持って反り返るストレッチでは、普段猫背ぎみで体が硬い娘も、先生が引き上げてくれたらグンと背中が上がったので、びっくりです!

次は、2人1組になって、順番に足を持ってストレッチ。鏡を見ながらチェックします。
先生の「はい、前を見てー。前から写真を撮ったら、鼻の穴しか写らないよ~」という言葉に、子供たちは爆笑。
顔の向きも大切なのですね。そういうことを子供たちに上手に楽しく伝えてくださる先生です。

<15分〜> 輪になって、金魚を逃さないように開脚の練習

次は、みんなで輪になって開脚。
「木を登ろう。すっごい大きい木だから宇宙まで行ってるかもしれないよ」と想像力を膨らませながら、手を上げて登っていく仕草をしてイメージに浸ります。
「お家よりも上まで来た?」と先生が聞くと、「タワーマンションの上まで来た」「スカイツリーの上まで来た!」「到着したー」と生徒の声。
(先生)「すっごい上まで来ました。お空に何が見えた?」
(生徒たち)「お星さまが見えた~」「ピンクの流れ星ー!」「青の鳥がいた!」と様々なものが見えた様です。

次は、「お隣の人と足の裏同士をくっつけて、この中にお魚がいます」と先生。魚が逃げないように足をくっつけながら、右手で右足のつま先を触ります。
左側も同様にストレッチ。「金魚さんが逃げないようにね~」と、膝が上がってしまわないように注意します。

<30分〜> バーを使った本格レッスンも体験

レッスン後半は、バーを使って基本的な足のポジションを習得。
クラシック音楽に合わせて、つま先をピーンと張る「タンジュ」、膝をゆっくりと曲げていく「プリエ」などの練習をやりました。
体験ながら、「プリエ」「タンジュ」「アンバー」などの専門単語も飛び交う、バレエらしいレッスンも経験できました。

<45分〜> お姫様になりきって、バランスを鍛えます

バーを片付けたら、「次はプリンセスになりますー!何のプリンセスがいい?」と聞かれ、「シンデレラ」「アリエル」とみんな答えていきます。
娘は何て答えるのかな?と思ったら「ジャスミン!」とはりきって答えていました、笑。
先生に「お父さん指とお兄さん指でスカートを持って、頭にティアラをのっけて、ネックレスもして、かかとの高い靴で歩きます。向こうの王子様の方に行きましょう」と指導され、小さいプリンセス達は、軽快な音楽に乗せて、ステップを踏んでいきます。
これはバランスを鍛える練習とのこと。全身の筋肉と神経を使います。

次は、4拍子の音楽に合わせて、スキップやギャロップなどのステップで、床に置いてあるうさぎや熊のぬいぐるみをぐるっと回って帰ってきます。
子供のうちにやっておいた方が良いステップを全部で4, 5個練習します。

最後は深呼吸して、ご挨拶をして終了。先生方、ありがとうございました!

全員3~4歳の女の子のみというこのクラス。娘もすぐに打ち解けることができて嬉しそうにしています。
娘に感想を聞くと「楽しかった!のんちゃん、ジャスミンになったの」とのことでした。
バレエをやっている方って、姿勢が良くてスタイルもいいですよね。
食べることが大好きな娘の体もバレエに通って引き締まってくれたらいいな、なんて期待も抱いてしまう母でした。

「お手軽に本格レッスンを受けてほしい」
本日教えていただいた佐久間先生は、地元出身の先生で、「地元で子供達がバレエに触れる機会を作ること」「本格的なレッスンを提供すること」「バレエを通して心を育てること」などをミッションに、指導にあたっていらっしゃいます。

お話を伺うと、「私達の頃は地元にバレエ教室がなくて、東京に行って高いお月謝を払わないと通えない状況で、発表会の費用も親に申し訳ないと思ってきたので、フォルテではもっとお手軽に本格的なレッスンをしてあげられたらなと思っています」とのこと。
とくにバーレッスンは、この年齢の子供たちはまだ使わなくても良いのですが、より本格的な練習を小さい時から受けさせてあげたいという思いで取り入れられているそうです。バレエは自分と向き合うことができるうえ、お友達と一緒に踊るには協調性も必要なので、心の成長にも良いのだそうですよ。

母親の目線で見ても、バレエの技術はもちろん、想像力も膨らむし、クラシック音楽に合わせて踊るので、普段から音楽に触れる機会が増えて、情操教育やリズム感などの面でも良いなと思いました。
それに、ゆったり優雅に動いてるように見えるバレエもやはりスポーツだなという印象。腹筋や体幹が鍛えられて、体が柔らかくなったり基礎体力がついたりと、娘にも良いことずくめだなと思いました。
ご興味ある方は、ぜひバレエ教室をのぞいてみてはいかがですか?!

Ballet Studio forte (バレエスタジオフォルテ)の詳しい情報はこちら!

以上、バレエ体験レポートでした。最後までお読みいただきありがとうございました!