<武蔵小杉版>

武蔵小杉エリアのスクール・習い事・体験教室や、イベント情報・子供と一緒に行けるお出かけ情報などを無料で掲載中!

  1. ローカリングTOPページ
  2. 体験・お出かけレポート
  3. 「ローカリング」がラジオ番組に出演!【前編】

「ローカリング」がラジオ番組に出演!
ドキドキの舞台裏をレポート!【前編】


こんにちは!武蔵小杉在住、ローカルレポーターのこみぃです。

この度なんと「ローカリング<武蔵小杉版>」が、武蔵小杉・川崎の今を伝える武蔵小杉発信のラジオ番組『コスギスイッチON!』から熱烈オファー(!?)を受け、ローカリングスタッフRと私が番組にゲスト出演してしまいました!
生放送のラジオ番組に出演するのはもちろん初めてで、少し緊張しましたが、今回はその時の打ち合わせ~収録の様子など、ラジオ番組のリアルな裏側をレポートしますね♪

『コスギスイッチON!』は、地元武蔵小杉・川崎の今を、川崎市が運営するコミュニティFM「かわさきFM」の番組で、2016年4月の放送開始当初より毎回ゲストを迎え、生放送で爆笑弾丸トークをお届けしています。
なんと、この番組の第72回(8月24日放送)のゲストとして、「ローカリング」が生出演&密着取材!もさせていただきました。

そもそも「コミュニティFM」とは、地域の特色を生かした番組を放送する、地域情報の発信拠点の役割をもつ、近年注目されているラジオ放送局の形態のことだそう。川崎市にコミュニティFMがあったとは、恥ずかしながら今回初めて知りました・・・!

最近は自宅でラジオを聴く機会はめっきり減ってしまいましたが、それでもドライブ中はやはりラジオが欠かせませんよね。
放送日当日までは、ドライブ中はかわさきFMにチューナーを合わせ(79.1MHzですよ!)、予習万端で当日を迎えました(笑)

<PM 1:00~ 楽しいランチMTG>

緊張の出演当日は、武蔵小杉駅前にあるカフェ「パブリックハウス」で番組関係者の方々と待ち合わせ。ランチをしながら放送内容についてミーティングをします。この日の番組出演者は、コスギのマドンナこと、メインMCのDJ Keiko(笹田 恵子)さんと、毒のあるツッコミと愛あるフォローが絶妙なMCオン(恩田 裕之)さん、そして番組プロデューサーで出演もされているシチュー(伊早坂 遥)さんと、我々「ローカリング」のメンバー。

毎週行っているという打ち合わせの席に着くと、DJ KeikoさんやMCオンさんは、番組さながらの軽妙なトークが炸裂で、すごくエネルギッシュ♪
プロデューサーのシチューさんは、武蔵小杉の街づくりで活躍している人の声を番組で広く発信してアーカイブし、「地域の声を後世に残し続けたい」という番組への熱い思いも伝えてくださり、すごく素敵なことに参加させていただけるのだなと有り難い気持ちになりました。

番組を応援してくれている企業さんがサンプルで作ってくれたという番組グッズも見せていただきました。
MCオンさんは、このコインケースを使っていると、リスナーの方によく声をかけられるそう!

私たちが出演するゲストとのフリートークのコーナーは13分間とのこと。番組内で話したい内容について皆さんに相談させていただきつつ、「ほんの数分かと思ったら結構長いんですねぇ・・・(汗)」とおじけづくと、「意外とすぐよ~、すぐすぐ!」「あっという間に終わっちゃうよ~♪」と陽気な回答で和ませてくださりました。

さらに「台本とは別に、番組内で我々に逆取材したらどう?」と番組を盛り上げるための企画もその場で提案してくださり、プロデューサーさんがGOサインを出すなど、臨機応変に内容も変わり、毎週こうやってワクワクする企画が生まれているのだな、と思いました!

<PM 2:00~ かわさきFMのスタジオへ移動!>

楽しいランチミーティングの後は、いよいよ本番に向けて、かわさきFMのサテライトスタジオに徒歩で移動します。
収録スタジオは、武蔵小杉駅北口を出てすぐのタワープレイス1階にあり、生放送のスタジオ観覧もできるガラス張りのスタジオです。

<PM 2:20~ 控え室にて数分待機>

スタジオに到着すると、前番組の放送真っ最中!ベテラン女性ディレクターさんがQ出しをするなど番組を回しています。
スタジオ入口の「放送中」の文字が点灯しているのを見たら、なんだか急に緊張してきました。

常連リスナーさんもすでに到着しており、番組に参戦されるとのこと。
控え室で待機している数分の間に急に空気が変わり、皆さん真剣な眼差しで台本を最終チェックしています。

いよいよ本番!ドキドキの生放送の様子は後編をチェック!